fc2ブログ

DASH海岸を知ってるかい?

テキトー日記
07 /19 2010
その昔、ガキおやじが子供の頃は、『東京湾は汚い』と盲信していた。江戸前の魚は食えない、釣りはできる限り相模湾でやるべし!! と信じて疑わなかった。

しかしガキおやじ、大学をそっち方面に進んだことにより、『江戸前』の懐の深さをあらためて知ることとなった。東京湾の海底地形は非常に複雑で、浅い砂泥から、水深1,000m以上の海溝まであり、さらに東京湾に注ぐ多摩川、荒川、隅田川の3大河川が運んでくる有機物の多さゆえに、海底深くまで栄養が行き渡り、大変豊かな生態系が形成されている。

学術的には、東京湾のような狭い湾で、湾口から湾奥まで、これだけ複雑な海底地形を持っている場所は大変稀であり、生物の種類、絶対数ともに他を圧倒している。

東京湾は世界的に見ても『豊かな海』なのである。釣りをするにあたって、魚種も数も、相模湾を圧倒していることは間違いないのだ。

ところで、毎週日曜日、夜7時から放送している、日本テレビ『鉄腕DASH』のワンコーナーで、2009年4月から続いている企画『DASH海岸』をご存知ですか? ガキおやじが今一番好きな番組です。

横浜市鶴見区のとある湾奥、工場に囲まれたデッド水域で、残念ながら非常に環境の悪いところなのだが、TOKIOのメンバーが知恵を絞り、ヘドロを浚渫し、きれいな砂を敷き、少しずつ少しずつ生態系を復活させてゆこうと言う息の長い企画。

水質浄化効果のある貝を大量に沈めたり、漁礁を作って沈めたり、涙ぐましい努力を少しずつ行い、今はクロダイの稚魚が住み着くまでになった。

TOKIOのメンバーが再生している渚はとても小さいけど、東京湾の底力を目の当たりにできる。とってもためになり、行く末が気になる企画です。毎週やっている企画ではないのだが、『鉄腕DASH』のホームページで、これまでの奮闘記と、再生に成功した生物たちの記録を見ることができる。

日本テレビ『鉄腕DASH~DASH海岸』はコチラ!!

DASH海岸の今後のさらなる成功を祈りつつ、東京湾の底力に改めて感動するのだ。DASH海岸を見たことない人は、是非今からでも見て欲しい。まともな神経の持ち主なら、この企画を一度見たら、絶対に海を汚すまいって思うから。

自然を前に人間は無力であることを忘れるな!

テキトー釣り道
07 /19 2010
梅雨が明け、日本列島は狂ったような暑さが続いていますね・・・。

子供はだいたい明日から長い長い夏休みに突入ですね。子守担当大臣の父親諸兄には苦しい季節に突入ですなぁ・・・。

この時期、子連れレジャーとして、釣りはオススメできません。命の危険が多すぎます。釣りだけじゃないな。アウトドア全般だな。一番のシーズンなのに、悲しいかなオススメできません。

熱中症のリスクも当然そうだけど、それよりも何よりも、天気が危険すぎるのです。

ヒートアイランド現象により、これだけ地表面の温度が高いと、上空がいくら安定した高気圧に覆われていたとしても、大変な上昇気流が起こります。朝から晩まで、大気が一日中安定した状態を維持できるはずがありません。

我々が子供のころの夕立程度なら風情があって、涼も取れるのでいいかも知れませんが、当時とは地球環境が違うのです。竜巻、ゲリラ豪雨など、自然の猛威に晒される危険性が一番高いのが今の時期から台風シーズンが落ち着く9月上旬ころまで。

夏休みのシーズン中、海、山のレジャーはオフシーズンです。本末転倒ですが、そういう時代になってしまったのです。地球が壊れちゃったのです。

海水浴にどうしても行きたいのなら、早いうちが良いです。8月に入ってからは危険です。お盆以降はアウトです。天気が荒れやすいのと、お盆以降はエレキが出ます。いわゆる赤クラゲ。こいつは超危険。別に電気クラゲじゃないんだけど、ガキおやじが勝手にエレキと呼んでいます(笑)。

釣りは午前中で切り上げるべし。どんなに遅くても14:00まで。15:00を越えるとどんなに天気が良くても、海は必ず荒れ始めます。それにそんな時間に釣りしててもいいことないから。だったら、夕立後のまづめから夜釣りをすべし。

また、釣りをする際は、サングラスは必須です。子供にも必ずかけさせましょう。夏の海と雪山の紫外線の反射は尋常ではありません。特に成長期の子供の目には百害あって一利なしです。帽子は忘れないとは思いますが、サングラスも必須アイテムであることを肝に銘じてね。

それと、日焼け止め。日焼けは火傷です。こどもにとって、大変危険です。大人も危険だよ。

日焼け止めはSPF値、UVグレードの高い物を選びます。ドラッグストアで安い物を買っておきましょう。最低でもSPF30、UV++以上の物を。腕、足よりも、首の回りを重点的に。顔(おでこと鼻の頭を念入りに)、首下から胸にかけて、それからうなじ。

子供には、たっぷりつけましょう。かぶれてしまっても構いません。日焼けよりなんぼもマシです。数時間毎に追加で塗ってあげられれば理想です。

盛夏のアウトドアは、本当にいろいろ気を使う。開放的な気分になり、楽しいことは楽しいのだが、自然は危険であるということを忘れずに、自然を軽んずる事なく、安全第一で楽しみましょう。

ジーパン、Tシャツで富士山に登り、寒くて動けなくなってレスキューされるバカが絶えないそうだけど、日本人の自然に対する認識なんてそんなもんです。

自然に対しては、もっと臆病であるべきです。人間は自然の前では全く無力なのです。

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?