fc2ブログ

一足飛びに夏

テキトー日記
04 /16 2011
最近ようやく自転車に乗れるようになった息子。今までは自宅マンション前の空き地でしか乗った事なかったのですが、ついに公道デビューです。

家の近所をポタリング。息子の自転車は娘のお下がり

息子の自転車は、娘のお下がりです。娘、息子を従えて、自宅の近所をのんびりとポタリング。と言っても、我が家は山の上にあり、行きはヨイヨイ帰りは怖い。とてものんびりポタリングと言った感じではないのです。気温も一足飛びに初夏の陽気。30分も走ったら汗だくでした。。。

ちょっと走っただけなのに汗だく・・・ガリガリ君食べて涼を取ります

んー、あぢ~ゼ!! しかし、このまま一気に夏になってしまうのか?

冷たいガリガリ君食べてしばし涼を取る。小一時間でポタリングは終わりっ!!

10,000hit御礼

テキトー日記
04 /16 2011
いつもガキおやじのテキトー釣り道『所詮魚じゃねぇか!!』をご訪問いただきましてありがとうございます。

当駄ブログは、2010年5月17日にスタートしました。おかげをもちまして、開始から11ヶ月で、10,000hitを達成いたしました。ご覧いただいた全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございます。

途中、FC2ブログカウンターサーバーの故障で、カウンターの数値が2,000程減ってしまいましたので、正確には10,000hit到達は、2011年2月頃であったと推測しますが、延べ12,000余名もの方々にこの駄ブログを晒してしまったのかと、チョイト気恥ずかしい気もいたします。

専門的でクオリティの高いブログは他のハイアマチュアの方にお任せいたします。なんたって私、永遠の初心者ですから。。。

今後もガキおやじのテキトー釣り道『所詮魚じゃねぇか!!』は、テキトーでユルユルのおバカ記事を中心につづって行きます。今後ともよろしくお願いいたします。

ブランドで固めたいケド・・・

テキトー釣り道
04 /14 2011
久々に電車での長距離出張。熊谷まで3時間弱の旅です。暇だから寝たいんだけど、節電で車内空調が入っていないので、暑くて寝られん!

だからブログをせっせと更新(笑)。



タックルはモチロン、ウエア、装備品に至るまで全てを単一ブランドで固めている人がいる。

カッコイイネ~。NEXUS(シマノのウエアブランド)のキャップ、ベスト、グローブ、靴を身に纏い、竿もリールもクーラーボックスも『shimano』のロゴが光る。

『DAIWA』も然り。しかし、Daiwaの新しいロゴ、ありゃあ、古くからのDaiwaファンのガキおやじには受け入れ難いな。

最初、何て書いてあるのかわからなかったもん。やはり、背中に太陽を背負った『Daiwa』マークが良かったな。

さて、単一ブランドで固めた釣り師は、ライバルに与える威圧感は満点だ。特にベストの背中に名前の刺繍、それも、本名ではなく、雅号など入っていようものなら、近寄りがたい雰囲気プンプンだ。

ガキおやじは、たかが釣りで雅号名乗るヤツはバカじゃねぇかと思っちゃうけどね。『釣りキチ三平』の魚紳さんじゃあるまいし。無理矢理名前に『魚』とか『海』とか『渓』とか『鱗』とかつけちゃって。へんなの!

もっと変なのは、『鮎』とか『鱚』とか『鱒』とか、魚の名前いれちゃうヤツ。その道に一意専心していることを訴えたいんだろうけど、磯野家じゃあるまいし。

『鮎心』とか『鱒道』とか名乗っているヤツが、漁港でサビキサッパとかやっている姿を想像すると笑っちゃう。もっとも、そういう人はサビキなんかしないな(笑)。

まあ、雅号名乗る人はそこまでいないとしても、普通に漁港なんかで釣りしていても、フィールドテスターかと思うほど完璧なコーディネートを決めている人がたまにいるね。

しかし、一揃え10万円では利かないな。それに、釣りをしない人には全くブランド価値はない。いわんや奥方には・・・である。

上から下まで固めるためには、難攻不落の大奥を落とさねばならない。

ガキおやじはそんな面倒臭い交渉してまで金を捻出する根性はないので、ブランドで固めるなんてとても考えられないのだ。

どんな手を使っても、我が家の天守は絶対に落城しないからだ(笑)。

だからガキおやじはこんなビンボーったらしいテキトーブログをやってるんだけどね。

上から下までブランドで固めたところで、釣果は変わんねぇ訳だし。

逆に、ブランドでバッチリ固め、雅号入りのベスト着たオヤジが子供に負け、テメエはボウズなんてことになったら、それこそ末代までの赤っ恥だからな(笑)。

全身をブランドで固めるということは、フィールドで失敗が許されないということであり、そういう釣り師たちは、玄人肌の格好で固めることで、自分にプレッシャーをかけているのかもね。

釣果への飽くなき情熱というか、気概というか、根本的な考え方が、ガキおやじのようなボンクラとは全く違うんだな。

不本意ながら軍拡の日々

テキトー釣り道
04 /13 2011
なんだか軍拡の日々です・・・。

金をかけないで酒のつまみをゲットすることを旨とするこの駄ブログの趣旨に反し、軍拡を余儀なくされています。。。

GOLD FEELING EVAバッカン EV-4000 1,380円
一昨日、早川港でコマセバケツを遺失しました。完全密封のハードバケツ。どんなに激臭のコマセでも、蓋さえ閉めちまえば、車の中に何日放置でも全く臭気が外に漏れない、素晴らしいバケツだった。コイツを失くしたのは痛い。

↑ゴールドフィーリング EVAバッカン・40cm EV-4000、上州屋で1,380円。激安バッカンにつき、使い捨て覚悟。ジッパー付の蓋はあるけど、臭気は漏れまくりであろう。折りたたみバッカンなので、安定性もハードバケツの足元にも及ぶまい。まぁ、しゃあないな。

PVCスケルトンバケツ21cm・580円
一昨日、早川港で水汲みバケツを遺失しました。EVA製の18cm角バケツ。折りたたみ式の水汲みバケツでしたが、形状安定性が素晴らしく、とっても使いやすかった。たたむ時は本体を90°捻るだけでペチャンコになる優れもの。コイツを失くしたのも痛い。

↑PVC製スケルトンバケツ丸型21cm。上州屋で580円。スケルトンなので子供にはウケが良いが、透明PVCは炎天下の堤防になんか置いていたら、くた~っとなって、人知れず水がこぼれちゃった・・・というのが今から目に見えている。形状安定性はEVAの足元にも及ぶまい。まぁ、しゃあないな。

折りたたみキャリーカー 1,080円 耐荷重25kg
↑折りたたみ式キャリーカー。ホームセンターヤマシタで1,080円。すげぇ華奢。耐荷重25kgと書いてあるが、絶対ににそんなにない。クーラーボックスとバッカンくらい載せる分には、ちったぁ使えるかな? 完全舗装路専用(笑)。悪路で使ったら、すぐにガタガタになってハイそれまでよ、だな。まぁ、しゃあないな。

うーん、なんだかつまらない出費が続いているなぁ。不本意な投資だ。 まぁ、しゃあないな。

子連れ釣行の釣り座選び

テキトー釣り道
04 /12 2011
名人域に君臨する御仁なら、初めての釣り場だろうがお構いなしにスイートスポットを探しだし、何時でも爆釣することが出来るのだろうが、ガキおやじにはそういう嗅覚を持ち合わせてない。

『海はどこだって繋がってるんだし!』と、自己中な理論を展開し、テキトーに釣り座を設ける。だから釣れねぇんだよな。でも、地形とか潮の流れとか見ながら釣り座を探すの面倒くせぇんだもん。いつも直感で座り、一度ベースを張ったらテコでも動かない。典型的なダメ釣り師であります。

良い釣り場、悪い釣り場は確かにある。しかし、悪い釣り場でも、必ず魚が溜まっているスポットがある。だって、海は繋がっているんだもん(笑)。

子連れ釣行がメインと成り下がってしまったガキおやじ、釣れそうなポイントを探すのはもちろんだが、それよりも、子供が安全に釣りできそうなところ、トイレが近いところなどを優先してしまう。

堤防なら、先端付近が良いのは分かっているのだが、子供のトイレ事情を考慮すると、先端には行きがたい。また、潮表がいいに決まっているのに、風があれば潮裏へベースを張る。

もう少し子供が成長したら、釣果最優先で場所の選定をしたい。娘4年生、息子幼稚園年長ではどうにもならない。

ウチみたいなファミリーフィッシャーは、海釣り施設へ行くのが賢明なのかもな。

本牧、磯子、大黒ふ頭、杉田臨海公園、浮島、東扇島、アイクル、うみかぜ公園などなど、地元神奈川にはたくさんの釣り公園がある。子連れにはもってこいだ。トイレ、売店があり、人工的な漁礁等も埋設してあり、子供でも釣果もそこそこ期待できるはずだ。管理釣り場だからね。

しかし、管理釣り場では野趣を満喫できない。第一混んでいる。これが一番イヤ。人が多いと言うだけで、釣る気が失せてしまう。

釣りに関してだけ言えば、平日が休みの諸兄が羨ましい。

昨年3月に地元神奈川に帰還し、同時に子供たちに海釣りデビューをさせてからというもの、友人と2人で釣行した以外は全て子連れ釣行だ。

子連れ釣行とその他の釣行とでは、釣行の意味がまるで違う。

本当なら、二宮の梅沢堤防とか、江ノ島裏磯の大平と呼ばれる磯、根府川大根、凡天の磯と呼ばれる葉山の地磯など、行きたい場所はたくさんある。

しかし、いつまでも父と一緒には釣りに出掛けてくれないであろう子供たちとの思い出作りを優先したい。

忘れ物

テキトー釣り道
04 /12 2011
一昨日の釣行で、釣り場にコマセバケツとコマセ柄杓、水汲みバケツをそっくり置き忘れて来てしまったようだ・・・。

あ~、ショック。娘も息子もおやじも全く気付かず。

柄杓、水汲みバケツは良いとして、コマセバケツは結構高かったんだよな。

この際、コマセバケツのかわりに激安バッカンでも買うか。

・・・また出費だ。バカは死んでも治らないナ。

ストレス発散で蓄積・・・

テキトー釣行記
04 /10 2011
本日、たまりに溜まった鬱憤を晴らすべく、強行釣行しました。

朝5時起床。子供たちもバシッと起きやがった。

戦地は小田原市の早川港。西湘地区では有名な釣り場。一番の利点が、JR東海道線・早川駅下車徒歩5分という交通至便なところ。車でのアクセスも抜群。小田原厚木道路・小田原西インターを降りるとすぐ釣り場だ。

本日の釣り座

↑本日の釣り座です。ガキおやじはウキ釣り一本で勝負です!!

<本日の仕掛け>
【俺】
竿:波浪チヌ2号 5.1m
リール:ダイワ スプリンターX 1500C
道糸:ナイロン3号 遊動ウキ仕掛け キザクラ見え飛び波止2号300mm
針:ささめ針 遠投オキアミチヌ2号
ハリス:クレハ シーガーエース1.5号 2m
コマセ:マルキュー チヌ戦1袋(2.5kg)+オキアミブロック3kg
食わせ:マルキュー スーパーハードオキアミL 35g(半パック)

【子供2匹】
竿:コンパクトロッド2.1m
リール:SZM 1000番
道糸:ナイロン3号
仕掛け:キス用片天秤12cm+ナス錘8号+ヤマシタ『投げ釣り屋』流線6号 2本針
エサ:青イソメ50g

子供たちも気合十分!! 娘はイソメも難なく触ります。エサ付けもOK

子供たちも久々の釣行で、気合十分です。娘はすっかりイソメの扱いにも慣れ、息子の仕掛けへのエサの付け替えも娘に任せます。

俺はしばし、子供そっちのけでボケーッとウキを見つめます。何も考えず、廃人となったホセ・メンドーサのように、ポカンとウキのトップだけを見つめます。

ボーッとウキを眺める。至福の時・・・子供さえいなければ(笑)

先月から日常生活も仕事も異常事態が続いていて、久しぶりに無になれる瞬間。波に任せて漂うウキを眺めているだけで、ヒーリング効果があるね~、癒されます。

釣り始めてすぐおにぎりを食い始めた息子

息子は釣り開始直後から昼飯を食い始めます。まだ朝8:00前なのに(笑)。家で朝飯食ってきたばっかりだろ?

最初のヒットはいつも娘。開始10分後に上がってきたのは・・・

例によって最初のヒットは娘。毎回先手を取られている。しかし、上がってきたのは・・・

ゴンズイ・・・

ハイ、ゴンズイ~!! 残念でした!!

『ハリスごと切って海に捨てましょう』---by 小学館 入門百科シリーズ『海釣り入門』(笑)。

しばらくして、今度は息子も何やら釣り上げました。

負けじと直後に息子が上げたものは・・・ ・・・キタマクラ。可愛いけど・・・。

どーん、キタマクラ・・・

そして、次の一投では・・・

衝撃の良型ゴンズイの一荷!!

・・・娘のゴンズイの2倍は軽く超えるサイズのゴンズイの一荷!! 特に下針のそれはズッシリいい体していました。

『ハリスごと切って海に捨てましょう』---by 小学館 入門百科シリーズ『海釣り入門』(笑)。

この時点でまだ9:30。しかし何と何と、子供たち、コレにて終了・・・。獲物は毒魚につき全て海へポイしました。モチロン、針は外して捨てたよ(笑)。

さて、ウキ釣り一点張りのガキおやじ。釣れない釣れないとブーたれる子供たちをよそに集中・・・したいのだけど、やれ仕掛けが絡んだ、針がなくなった、トイレ行きたい、のど渇いたとモンスターの如く要求してくる子供に振り回され、まともに釣が出来ん。。。

早川漁港のトイレ。アメニティは完璧です

便所。。。自分は一回しか使わなかったが、息子、娘をかわるがわる連れて来たので、都合10回くらい来たよ・・・。このトイレは市が管理している公衆トイレだが、小田原魚市場の中にあるトイレで大変綺麗だった。トイレットペーパーも手洗い石鹸も潤沢にあり、子供たちも満足。これだけトイレが綺麗な釣り場はチョット他にはないな。

そんなこんなで殆ど釣りにならないガキおやじ。コマセをふんだんに撒くも、餌取りのアタリもまったくない。ベタ底狙い、タナは7m。ひたすら底だけを狙っています。

10:30近くになって、陽が出てきて気温が急激に上がってきた。タナを変えてみる手もあったが、これだけ陽が強くなり、暖かくなったので、ガマンの底釣りだ。

そしてついに本日のワンチャンスが・・・。

ウキのトップが小さく沈み、そのまま数秒キープした後、ゆっくりとウキ全体が消えました!! おぉ、典型的なクロダイのアタリじゃあ!! 大アワセっっ!! ガツン!!

キターーーー!!

一瞬でガキおやじの周りは人だかりデスヨ。竿がギューン!! と絞られて行きます。すげー気持ちいい。

『を、ボラでも掛かったか?』と言うギャラリー。フン、何とでも言いやがれ、ボラじゃネェよ。

格闘は2~3分だっただろうか? 銀色の魚体が見えてきた。

『おー、クロだクロだ!!』ギャラリーもびっくりしながら見守っている。サイズ的にはカイズ程度、30cmと言ったところか。まず、水面にあげて、空気を吸わせるべく、竿をグイッと煽った瞬間、

・・・プツン!!

あ~ぁ・・・ギャラリーからもため息が。。。うぅぅ(泣)。

ラインブレイクではなく、ハリス側のサルカンの結び目が解けていました。テキトーな仕掛けを作っていた自分が悪い。それにしても悔しい。

・・・このワンチャンスをモノに出来ず、時は正午となり、ゲームオーバー。


息子・・・ゴンズイ2、キタマクラ1
娘・・・ゴンズイ1
父・・・ボウズ!!

あ~ぁ、どうしょうもねぇ・・・。

折角だから、魚市場の食堂でメシでも食おうかと、市場内を覗くと、観光客が長蛇の列・・・。

魚市場場内食堂。こんなに並んでまで何食うの?

ゴメン、メシは諦めよう。子供たち、魚は釣れず、飯も食えずご機嫌ななめ。仕方ない、もう帰ろう。

帰路、車窓から小田原城を見た息子が興奮し、『城に行きたい!!』と言うので、じゃぁ、チョット寄って行こうかと、車を外堀通りへ入れてドハマリ・・・。桜満開の日曜日。前にも後ろにも進めなくなり、結局城内へ行くのは諦め。さらに子供の機嫌が悪くなってしまった。

小田原城はさくら祭のピークで大渋滞

結局、渋滞抜けたあとのコンビニでアメリカンドック食わせて何とか機嫌が直った様子。

結局アメリカンドックで満足して今回の釣行は終わりっ!!

はぁ、それにしても疲れた。今日は散々。寝る。

リールに歴史あり

テキトー釣り道
04 /09 2011
釣具の中で、釣り師の過去の記憶を最もたくさん身に纏っているモノと言えば、リールではなかろうか?

ガキおやじのリールラインアップの中にも、たくさんの想い出がつまっている。忘れていても、リールを手にとって、その重さ、金属感、音などを感じながらハンドルを回していると、そのリールとの想い出が甦って来るね。ガキおやじ、生涯でリールは10個程度しか買っていない。金がないのもあるけど、リールって使い込むほどに愛着が湧いちゃって、新しいのが欲しいと言う気持ちがあまり起きないのだ。基本、壊れた時に買うだけ。今愛用している現役のリールは下記の5台。

ダイワ LONG SPORT GS850M・ナイロン5号150m+5→12号テーパーライン15m
↑ガキおやじの現役リールラインアップで最も古いつきあいなのがこれ。ダイワ・ロングスポーツ GS850M。4000番相当。投げ専用で大学生の頃購入したもの。ハンドルが木で出来ていて結構お気に入りでした。20年前、ポイント・港南台店で8,000円くらいだったかな。ナイロン5号を150m巻き、先には5→12号のテーパーラインを15m入れている。

座布団カレイをあげたのも、投げ釣りでイシモチを3本針に全て掛けたパーフェクトヒットをしたのも、投げた瞬間、バチン!! と、数え切れないほどのラインブレイクを経験したのもこのリールだ。満身創痍のはずなんだが、故障ひとつせず、まだまだ現役だ。

リョービ ECUSIMA 2000・ナイロン4号120m
↑累計登板試合数が最も多いのはコイツ。リョービ・エクシマ2000。大きさ、軽さ(樹脂スプールでメチャ軽い)、釣力等、ガキおやじのメインフィールドにピッタリマッチするヤツだ。コレも大学生時代、ポイント・駒澤大学店で6,000円くらいで買ったもの。もう20年以上使っているんだなぁ。

コレにはナイロン4号を120m巻いてあり、グレ竿2号-5.4mを使用した胴突き投げ(錘ナス12~15号)の場合は文句なしでこの子の出番。地磯でもフル登板である。ガキおやじにとっては、王監督時代のストッパー・鹿取義隆が如く、酷使している信頼の一台。累計で上げた魚の数は圧倒的にコイツがトップだ。

ダイワ SPRINTER-X 1500C・ナイロン3号65m
↑磯小物、堤防五目などで重宝しているのがコイツ。ダイワ・スプリンターX 1500C。ナイロン3号65m。これは4年前、海外単身赴任からの一時帰国中、上州屋・川崎南加瀬店で衝動買いしたもの、6,800円。愛用のコンパクトロッド・シマノ ホリデイパック用で購入したが、意外と登板試合数が多い。今は子連れ釣行時の先発として、また、地磯五目釣りでも活躍しています。この小型リールでチヌを上げるのが当面の目標。ガキおやじの信頼が最も厚い相棒だ。

ダイワ TRIFORCE-Z 155iV・ナイロン4号60m
↑ボート用で15年程前に買ったもの。ダイワ トライフォースZ155iv。ナイロン4号を60m程度巻いてある。当時自分が担当していた得意先で、実家が釣り船屋と言う人がいて、その人にしょっちゅう船に乗せてもらった。シロギス、カワハギ、メバルなどの小物専門だけど、船、ボートでは圧倒的にスピニングリールより使いやすい。

今はテトラポット穴釣り専用(笑)。垂直方向を探るだけの釣りの場合は、ベイトリールは大変便利だ。

オクマ AQUIOS AQ-40・PE1号100m
↑殿軍は、ガキおやじ期待のスーパールーキー、台湾メーカー品、オクマ アクイオス AQ-40です。3000番相当。昨年、ネットショップで、PEライン1号100M付き(下糸入り)で3,980円。エギング用として購入しましたが、エギングのほか、ルアーなど、アクションを必要とする釣りにはコイツで。

台湾メーカーの激安リールと侮るなかれ。5ボールベアリングで、回転精度、ドラグ性能、ベイル部の堅牢性、何をとってもガキおやじのラインアップではダントツ。フィールドを選ばず使えそうだ。ポテンシャルは一番だ。まぁ、一番新しいしね。やはり時代とともに進化していると言うことか。

以上、ガキおやじの頼れる相棒5戦士である。少数精鋭だが、戦闘能力は高い。比較的手入れはマメにやっているほうだ。動作不良もサビも全くないよ。こいつらにはこれからもまだまだ頑張ってもらわなくてはならない。

明日こそはと思ったのに・・・

テキトー釣り道
04 /08 2011
先週出撃する予定が、仕事の都合で流れてしまい、明日こそはと、子供たちも楽しみにしていたのに、またダメだ。

まあ、地震がなかったとしても、明日は雨と強い南風で海には出られまいが。

今週一週間、会社帰りに毎日上州屋を覗き、仕掛けを買い、持っているリールの糸を全て新品に巻き直し、配合コマセも買って、明日は青イソメとオキアミブロックを買うだけと、準備万端だったのに、残念だ。

今回は、マルキューの配合コマセ『チヌ戦』を試そうと思っていた。

他の配合コマセが不要で、オキアミブロックをあわせるだけでOKという触れ込みで、かつ、上州屋では2.5kg入りで462円という格安コマセだ。単用OKとはホントかしゃん?

2種類の麦、ウニガラ、アミパウダー、醤油カス等が配合されていて、醤油系の香りが鼻をつく、意外と効きそうなコマセなのだ。

粘り、比重、濁りは全てミドルタイプ。エサ取りにも効いてしまいそうだが、サナギ粉を混ぜれば素晴らしいコマセが出来るのではないかと期待の一品だ。

子供には固定棒ウキでタナゴ釣りをさせようと思ったのに、またお預けだ。

子供はウキ釣りよりもちょい投げでタコが釣りたいと言ってるんだけどね。

・・・来週こそ行けるかな?

上州屋・キャスティング・かめや

テキトー釣り道
04 /07 2011
ガキおやじの行動範囲内には、釣具量販店がたくさんある。

上州屋が本厚木に2店舗、平塚に2店舗、座間に1店舗、藤沢石川に1店舗。

キャスティングが平塚に1店舗、藤沢石川に1店舗。

普段道具類を買うのは7割方上州屋。たまにキャスティング、或いはネット通販だ。

しかし、コレだけ近所に釣具屋があるというのに、コレだけではダメなのよ。ガキおやじにとって、もうひとつ、『かめや』が必要なの。

神奈川県内には、かめやは平塚と小田原の2店舗しかない。しかし、どうしてもかめやが必要だ。

ここは、休前日はオールナイト営業をしてくれる。基本的に土曜日の未明に出立するガキおやじ、餌をかめやで買うのだ。

だいたいどこの釣り場でも、休日の早朝からやっている釣具屋があるものだが、心配性のガキおやじは、『絶対開いてる釣具屋』でないと安心できないの。

独身時代、横浜の戸塚に住んでいたときは、国道1号線戸塚警察署そばに、『湘南釣りえさセンター(古谷商事)』という、24時間営業の釣り餌屋があったのだが、今はもうないようだ。

かつて、箱根駅伝の往路・戸塚中継所が、この古谷商事駐車場だった。

当時はここでしか餌は買ったことなかったな。

っつーわけで、コレばっかりは上州屋、キャスティングではどうにもならず、かめやに頼らざるを得ないのです。

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?