fc2ブログ

一通のEメールで(泣)

テキトー日記
04 /01 2011
自分が担当する、ある大手企業から、一通のメールが・・・。

『3/11に発生した大震災におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。また、震災以降、弊社の稼動が中止しておりまして、協力企業の皆様には多大なるご迷惑をお掛け致していることに対し、深くお詫び申し上げます。このたび、協力企業様の資金繰り等を鑑み、3/11以降、3/31まで、弊社が発注している製品で、震災の影響で未納となっている製品について、すべて3月中に納入されたとみなし、弊社発注分、内示情報送信分の代金を一括で4月28日にお支払いさせていただくことと決定いたしました。つきましては、3/11以降3/31までの弊社発注分(内示情報送信分も含む)につきまして、4/5までに、弊社宛ご請求書の送付をお願いいたします』

・・・マジっすか? 有り難いやら、迷惑やら・・・。

確かに、我が社のさらに下請けなどは、3月分の納品が出来なかった分、金が入ってこないと大変だ。ウチも外注先に金を払ってやらねばならない。そのための配慮だと言う。我が社は、下請法の保護を受けられる会社ではない。しかし、我が社の下請けは殆どが下請法で保護されている零細企業であり、代金の支払いを受ける権利が手厚く保護されている。

今回は、納入されていないわけだから、本来は支払う必要がないのだが、未曽有の震災であり、納品ができなくなったことによる資金繰り悪化は避けねばならない。

我が社のお得意先さんは、そういった事情を考慮し、下請け法の保護対象外のサプライヤーに対しても、3月分の納入が正常に行われたものとして金を払うと言う。

しかし、納入していないものを納入済みとして売り上げ計上し、支払いを受け、さらに協力工場に、受け取っていない製品の代金を払うということは、大変な作業なのだ。

のちに正常化したあと、未納分を全て納入し、代金は『先に受領済み』として処理するのだ。

営業部も、経理部も、電算課も、大変な工数がかかる。

4/5までに、架空の請求書を作らねばならない。。。部品点数約500点。

通常納入なら、納入先でバーコードを読み取るだけで、自動で集計されるのだが、未納なので、全て手加工で処理せねばならない。

・・・っつーことで、明日出勤と相成りました(泣)。。。

まぁ、しゃあねーわな。金もらえるだけヨシですか。

買うとすぐ釣れた気になっちゃう

テキトー釣り道
04 /01 2011
子連れちょい投げばっかりでなかなか機会がないんだけど、地磯でチヌ、グレをやりたくて、チヌ針を買いに上州屋・厚木店へ。

したら、ひとつの棒ウキが目に留まり、思わず買っちまった。

ガキおやじ、海用の棒ウキはすでに10本以上持っている。自立タイプ、非自立タイプ、リチウム電池式電気ウキ、長いの、短いの、太いの、細いの・・・。

これ以上買う必要なんかないんだけどね。。。見てたら欲しくなり、気がついたらレジに(笑)。

キザクラ・見え飛び棒ウキ(非自立型)2号

写真の、『キザクラ・見え飛び棒ウキ波止・非自立型2号』、なんとMade in JAPAN なんですよ!! それも880円という、Made in JAPANとしては考えられない安さ。即買い(^^;

全長30cmの中型の棒ウキ。凪の磯でなら何とか踏ん張れるかという、ぎりぎりのサイズです。純粋に磯でチヌやるんだったら、本当はもっと踏ん張れる、大きいくて長いものが良かったんだけど、持ち運びが面倒だし、自作のウキケース(といっても、プラのロッドケースを短く切っただけのものだけど)に入らないのであきらめ。

先端はケミホタルホルダーになっていて、夜釣りも対応可能です。

欲を言えば、あと10cmトップが長かったら・・・といった感じですが、どうせチヌ釣りが途中からタナゴ釣り、ベラ釣りに変わってしまうんだから別にいいか(笑)。

くびふりスイベル・ダブルケン付チヌ針2号、3号

この写真の上のスイベルは『ヨーヅリ・くびふりスイベル』というもの。

スイベルは普通、道糸に対し、ドーナツの穴に糸を通す感じで、道糸の方向に対して垂直に取り付け、360°自由に回転するようになっています。

この『くびふりスイベル』は、道糸に対し、マカロニに糸を通すように、縦方向に取り付け、その取り付け部にさらに上下方向に180°可動させられるベアリングがついていて、すなわち、一般のスイベルの可動範囲である、横方向360°に加え、縦方向180°にも可動するのです。2個入りで236円。

余計な機構のせいで、スイベル自体の動きが阻害されないか心配ではありますが、まぁ、トライしてみましょう。

ところで、最近の磯でのチヌ、グレのウキ釣りは、紡錘型の中通しウキが全盛で、棒ウキが廃れてしまっています。釣具量販店でも、棒ウキは極端に品種が少ないね。ガキおやじは進化しないエセベテランなので、紡錘型の中通しウキがなじめない。っていうか、目が悪いから玉ウキが見えないだけなんだけどね。

そして、『ささめ針・遠投オキアミチヌ 2号、3号』です。これは、軸の部分にケンが2箇所ついていて、エサ持ちが極悪なオキアミをポイントまで保持するものです。

太軸の針が好きではないので、店内で必死に細いチヌ針を探しました。12本入りで210円。昔と比べると随分と安くなったものです。

さぁ、もうチヌが釣れた気分になっているぞ。バカだねぇ・・・。どうせタナゴ用のタックルになってしまうのに(笑)。

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?