fc2ブログ

玉網

テキトー釣り道
04 /06 2011
釣具ってのは、だいたい汎用性がある。『○○専用』と書かれたタックルでも、他の釣りで充分に使えるのが普通だ。竿だって、リールだって、仕掛けだって。

しかし、全く汎用性がない困ったちゃんが『玉網』。コイツは本当に持て余してしまう。

川釣り用の、ラケットのような『ランディングネット』から、全長7m越えの超ロング玉網まであるのだが、全くといっていいほど、目的の釣り以外では代用が効かない。

何とか汎用的に使えるかどうかってのが、4~5m程度の磯玉なんだろうけど、ちょっとでも高い堤防や磯では使えないし、淡水ではまるでジャマなだけだ。

遠くからアプローチすべく、ロング玉網なんか買った日にゃ、使いづらくてどうにもならない。網の枠部が軽く、強靭で、柄の部分が硬く、風でも潮にあたってもたわまないようなスーパー玉網は存在しない。柄がふにゃふにゃで枠が重い6m以上のロング玉網を買うくらいなら、ギャフを一本持っている方がよっぽど使い勝手が良い。

玉網は1個持っているくらいでは意味がない。柄の長さ、リングの口径、重さなどによって、TPOに応じ、最低2つ、3つは必要だ。玉網を1本持って行ったところで、どうせ帯に短し襷に長しで、肝心な時に役に立たないのだ。だから買う気があまり起きないのである。

斯く言うガキおやじが持っているのは、全長2mの磯遊び用の玉網だ。上州屋で1,580円。殆ど子供のおもちゃ。タイドプールで大活躍している(笑)。

毎回この玉網は持って行くんだけど、玉網使うような魚を釣った事がねぇので別にどうでもいいかな?

・・・海にモノを落とした時にはとても重宝しているけど(笑)。

大物が掛かった時は、『誰か~っ!! 助けて~っ!!』って騒いで、他の釣り師にあててもらうのが賢明だな(^^;

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?