fc2ブログ

行列が出来るラーメン屋がうまいとは限らない!!

テキトー日記
02 /08 2012
ラーメンほど、人気と実力が比例しない食い物はないね。

ガキおやじが認定する、世界最高峰の一杯はコレだ。

ラーメン・こってり・細麺・ライス付。驚愕の500円!!
↑ガキおやじが人生でもっともたくさん食しているラーメンだ。通算で500杯は軽く超えている。

ガキおやじの職場、小田急線本厚木駅東口、厚木バスセンターの横に密かに佇む、『お食事処・相楽(そうらく)』。誰が何と言おうと、ここのラーメンが最高だ。ここはラーメン屋なんだけど、ラーメン以外の定食物、丼物も充実している。

立地の関係上、ランチタイムは神奈中バスの運転手の溜まり場になっている、穴場中の穴場。行列が出来ることなんか絶対にない。

ガキおやじは、本厚木勤務都合10年目だ。独身時代7年。そして、結婚して、転勤生活が始まり、11年後にここへ戻ってきて丸2年たった。

独身時代は、ここで週3回は昼飯を食っていた。弁当もちの身となってしまった現在でも、月1回はここでラーメンを食っている。

ここのラーメンは、シンプル醤油ラーメンがベース(味噌ラーメンもあるけど)。

まず、ラーメンを頼む。そして、味の設定をする。普通・ピリ辛・こってりの3種類。さらに、麺を太麺・細麺か選ぶ。

『普通』は、超あっさり醤油味。『ピリ辛』は、『普通』に豆板醤を散らしただけのもの。『こってり』は『普通』に背脂をチャッチャしただけのもの。だから『こってり』とは言え、ちっともこってりしていない。背脂が、醤油スープの塩気のカドを丸くしてくれる。

ガキおやじはここへ来ると、ひとつのパターンしか言わない。だから、店の人もいちいち注文を取りに来ない。

『ラーメン・こってり・細麺』だ。ランチタイムにはこれにゴハンと漬物がつく。これで驚愕の500円だ!!

とにかく、背脂入りの超あっさり醤油スープがたまらなく癖になる。500杯以上食っても全く飽きない。脂でもたれることもない。とんこつスープではないので、ホントにあっさりしている。コレを『こってり』と呼んでいいのか? と思ってしまう。

なんたって、神奈川は、天下に轟く『家系』殺人ラーメンのお膝元だからね(笑)。俺は家系は食えん・・・。

そして、また、オーソドックスなトッピングも昭和の香りがプンプンでとってもイカしている。

シナチク(あえてメンマとは言わない)、ほうれん草、のり、味たま半分、バラチャーシュー1枚。

コレで十分だ。そして、このチャッチャと散らされた背脂を、細縮れ麺がうまいこと絡めて掬ってくれる。あっさりスープ、そのスープにまろやかさを加える背脂を絡め取った麺は素晴らしい味わいを口の中で演出してくれる。

味たまとチャーシューを口に運んだ時の幸福感、強烈に個性を主張してくる香りたっぷりののり・・・これにゴハンがついてお新香もついて500円は、商売気のない夫婦が為せる業だ。

こんなに安くてうまい店が職場のすぐそばにあるんだもん。インチキグルメサイトのクチコミに踊らされ、行列が出来ていたらとりあえず並んでしまうジャパニーズの国民性に祭り上げられ、大してうまくもないのにバカみたいな値段を取る、自己陶酔型ラーメン屋なんぞまるで行く気が起きない。

相楽・万歳!! お父ちゃんもお母ちゃんもいつまでもお元気で! 俺はいつまでも『ラーメン・こってり・細麺』を頼み続けるからね~(笑)。

酒大好き。飲み会嫌い。

テキトー日記
02 /08 2012
当駄ブログの読者の皆様ならご存知ですね。

ガキおやじ、酒が大好きなのです。いわゆるロクデナシなのです。田中誠著・マンガ『ギャンブルレーサー』の吉田なのです。

もともとは、『はじめ人間ギャートルズ』に出てくる、瓢箪に入った『猿酒』を見たのが、ガキおやじが酒への興味を持ったきっかけであります。

『んぐんぐんぐんぐ・・・ブハ~~~ッ!』ってのが、堪らなく気持ち良さそうで羨ましかった。幼少期より、『大人になったら酒を飲む』と決めていた。

・・・結局大人になる前から常飲しちゃったけど(時効ね!)。

酒を偶然にも発明した、いにしえ人と、『はじめ人間ギャートルズ』を著した、故・園山俊司氏に対し、感謝と敬意の念を忘れたことはありません(笑)。

で、こんなに酒好きのガキおやじなのに、『飲み会』が嫌いなの。

別に人との触れ合いが嫌いなわけではない。逆に好きな方だ。

飲み会が嫌いな一番の理由は、『お開きの時間が決まっている』ことだ。

だいたい乾杯から2時間でしょ?

大勢で2時間だと、歓談も酒も料理も堪能できず仕舞いになるね。

盛り上がっているときに、『スミマセ~ン、ラストオーダーになります!』。或いは、『宴たけなわではございますがここらでなか締めを・・・』とか、ドッチラケだよね。

『なか締めってことは、一旦締めるけどまだ終わりじゃねえってことだよな?』とか、勝手な解釈をしたくなる。

ガキおやじは釣りでもそうなんだけど、一度ケツを据えたら移動するのがイヤ。

だから飲み会でも、二次会とか嫌いなの。

酒飲んでるときは、コッチが飽きて帰りたくなるまでひとつの店に居たいの。

すげ~面倒くせえ客なのだ。ぎゃはは!

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?