fc2ブログ

穴釣り/磯釣りライン総フロロ化完了!

テキトー釣り道
06 /22 2018


ガキおやじ、ラインはず~っと、安~いナイロン(500mで500円以下の激安ライン)を釣行2~3回でバシバシ捨てながら、いつも新しいラインを惜しげもなく使うスタイルでした。

しかし、数年前、サーフリールにPE2号を巻いてから、サーフリールはPE専用になりました。

今、サーフリール(ダイワ・ファインサーフ35シャロー)にはPE2号を200m、エギングリール(ABU Garcia cardinal2 SX2500シャロー)にはPE0.8号を150m巻いています。

しかし、それ以外は時間をかけて、ナイロンラインからフロロカーボンラインに巻き替えておりました。

クレハ・シーガー フロロマイスターシリーズと出会ってから、その圧倒的なコストパフォーマンスに魅了されました。

磯ウキ釣り用の現在の主力戦闘機、タカミヤ・BRIO 1500シャローにはフロロマイスターの12lb(3号)を、以前の主力戦闘機で、ジギングにも対応できるチト大きめのリョービ・OASIS 3000には16lb(4号)を、同・OASIS 1000には8lb(2号)を。

穴釣り用のベイトリール、タカミヤ・GIGASALT HGには8lb(2号)を、歴戦の勇士、ボート釣り用のベイトリール、ダイワ・トライフォース155Vには16lbを、その他、たくさん持っている小型スピニングリールにもすべてフロロマイスターを巻きました。

フロロカーボンの硬めのラインと、ソフトフィーリングのロッドの相性がガキおやじの嗜好にピッタリはまりました(^o^)v

特に今気に入っているのが、宇崎日新・PROSTAGE SPEED 磯 1-530と、タカミヤ・BRIO 1000Sのコンビ。

ヤワヤワの極細ロッドでビシッ! と大アワセしたときに、ナイロンラインよりもキチンとフッキングしてくれる(ような気がする)。

そして滅多にないけど、青物の誤爆にもなんとか持ち堪えてくれる。

根ズレにも強い。もともと硬いラインは好きではなく、ハリスでしか使ってなかったフロロカーボンですが、今のガキおやじの釣りシーンに一番合っている(ような気がする)。

フロロマイスター、号数によって、320m巻と240m巻があるんだけど、どちらにしてもコスパはサイコーだ(^o^)v

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?