fc2ブログ

我が家にスイフトがやって来た!

テキトー日記
02 /24 2024

ガキおやじ家に新たな相棒がやって来ました!

スズキ・スイフト HYBRID MZ。2023年12月6日発表、12月13日発売のニューモデル。

東京モビリティショー2023でコンセプトモデルを見ましたが、発売された実車は全く同じでしたね。

4輪ディスクブレーキ、本革巻きハンドルが標準装備とされているのは、最上位グレードのHYBRID MZだけなので、ガキおやじは選択肢はHYBRID MZ一択と相成りました😅


12月21日に、ガキおやじ家から徒歩1分ほどの場所にあるスズキアリーナ湘南に実車があるというので覗きに行き(その車はナンバーが取れていなくて試乗は出来ませんでした)、冷やかしのつもりでしたがついつい契約してしまいました。

ボディカラーは有料色のプレミアムシルバーメタリック(ZNC +33,000円)を選択しました。

契約からピッタリ2ヶ月での納車でした。2月21日以降ならいつでも引き渡せるということでしたが、ガキおやじの都合で本日(2024年2月24日)納車となりました。

半導体の世界の製造キャパの逼迫で、現在クルマは非常に納期がかかる状態になっています。

スズキ車ではジムニーが最も納期がかかり、MT車で早いもので半年~10ヶ月程度、AT車だと1年~1年半かかるそうです。

三菱デリカミニもターボ付き4WD車は約1年待ちの状態だそうです。

そんなに納期がかかったら、物欲が冷めてしまいそうですね~😅


尻フェチのガキおやじは、この角度からの眺めが堪らなく好きです♥

非常にボリューム感のあるテールビュー、5ナンバーサイズ枠いっぱいの幅1,695mmのフェンダーからタイヤが飛び出さんばかりに、フロントもリヤもギリギリまで攻めていますw

185/55/R16 83V(16インチホイール)のブリヂストン Ecopiaを履いています。

これまで乗っていたパッソのタイヤが175/65/R14(14インチホイール)だったので、ひときわ大きく見えます。


インパネはオプティトロンメーター。イグニッションOFFのときは何も見えない、非常にクールなメーターです。

また、フロントのカメラで道路標識を感知しているため、運転中にメーターに速度制限や進入禁止や止まれなど、感知した標識が表示されます(ちょっとウザいかもw)。

アイドリングストップは全く再点火音も振動もなく、ホントに静かでビックリです。

今ってこんなに凄いのね~。


今回購入した、HYBRID MZは、ほぼフル装備のため、後付けはドアバイザーとナビシステム(ディスプレイ/オーディオは標準装備)、ドライブレコーダー(フロント/リヤ)、フロアマット、リヤラゲッジトレイ(防水トレイ)のみでした。

ナビシステムをつけると全方位カメラも一緒に装着されるため、アラウンドビューモニターもご覧の通り。


それにしても、前車、トヨタ・パッソの購入から19年、テクノロジーの進化から全く置いてけぼりを食らったガキおやじは、エンジンのかけ方から説明を受けないとナニも出来ない状態でした。

電動パーキングブレーキなるものも、イマイチ良くわかりません。シフトレバーの下に、ハンドブレーキや、足踏み式フットブレーキもありませんでした🤣


リヤのラゲッジルームはかなり深く堀り込んであり、野球の道具類や釣具など、色んなものがたくさん積めるのではないかと期待しています。

オプションで購入したTPO製のラゲッジトレイを敷き、釣り対策もバッチリ♪

コイツが人生最後のクルマかな? 長く乗りたいと思います✌️

プライベート用メガネ買い替え

テキトー日記
02 /18 2024

ガキおやじがプライベート用で使用している中近両用メガネがぶっ壊れました。

レンズを拭いていたら、鼻パッドを取り付けるステーがポキッと折れました。

いつも鼻パッドが劣化したときはタダで新品のパッドと交換してもらっていたので、今回もすぐに対応してもらえるとタカをくくっていたら、ステーはフレームにインサート成形されているため、交換はできないと言われ、仕方なく新しい中近両用メガネを作ることにしました。

仕事用では車の運転を想定し、遠近両用メガネを使っています。しかし、遠近両用の常用は疲れるので、プライベート用として昔から中近両用メガネも持っていました。


前回の検眼から2年ほど経過しているので、一応改めて検眼してもらいました。

そしたら、右眼は乱視度も近視度も以前と全く変わっていませんでしたが、左眼は乱視度が進み、近視度は改善していました🤣


検眼結果に基づき、組み合わせたレンズをかけてみたら、まるで別世界のような見え方をしたので驚きました。

やはりメガネレンズはせいぜい2年で作り換えなきゃですね~。


今回はプライベート専用メガネなので、TALEXのクリップオンタイプの偏光サングラス併用ありきでフレーム形状、サイズを選びました。


ご覧の通り、サングラスとサイズがバッチリ合いました♥

メインの用途は釣りですね~🤣

19年間ありがとう❗

テキトー日記
02 /16 2024

倅が生まれる2ヶ月前、2005年2月に我が家にやってきた、トヨタ・パッソ 1300Racyちゃん。

9回目の車検を受けずに手放すことにしました。

今思えば、第2子出産直前の物入り時に、無計画全開の勢いで現金で買っちまった。その前に7年乗っていた、トヨタ・ラウムが30万円で引き取ってもらえたため、持ち出し140万円で買えました。

まさか19年も乗るとは思いませんでしたが、今でもとても元気に走り、妻も非常に気に入っていたのでなかなか手放せませんでした。ただし、経年劣化が進み、ここ3回の車検がすべて20万円以上かかってしまったので、残念ながら手放すことにしました。

車検の有効期限が2/14までだったので、2/12にスズキアリーナ湘南に引き渡しました。


もともとガキおやじは車にはこだわりが全くなく、動けば何でもいいというタイプ。

ドライブもそんなに好きではない方なので、距離は全く伸びず、19年で57,240km。

年3,000kmといった体たらくで、維持費負けしてしまった感じでした。

今では週末の買い物と、ガキおやじの市野球協会の審判員活動、あとは釣りくらいしか運転しませんでした。

今、我が家には車がありませんが、全く困りません🤣



↑次のクルマ、スズキ・スイフト HYBRID MZの納車は2/24(土)の予定。

コイツはパッソ以上にビュンビュン走るみたいなので、少しは長距離ドライブもしてみようかと思っています。

今回のフルモデルチェンジで、エンジンが直列4気筒から新開発の3気筒マイルドハイブリッドエンジンに代わっており、ミッションも新開発の軽量CVTに代わりました。

カタログ燃費24.5km/Lで、前モデルより3.5km/Lも改善しており、youtubeの様々な試乗動画では、街乗りでも20km/Lくらいは叩き出しているし、高速クルージングではカタログ燃費超えの数値を叩き出していることもあり、かなり良い車に仕上がっているみたいです。

納車されたら、色んな所へ行ってみようと思います✌️

macpac 磯歩きスペシャル!

テキトー釣り道
02 /12 2024
ガキおやじ、本格的なバックパックを購入しました。


ニュージーランドのアウトドアギアメーカー、macpac社のGecko(ゲッコ:Gacktではないw) MM72301-K。

ゲッコとは、「ヤモリ」のことらしいです。

これは本来は日帰り登山用途のバックパックなのですが、自分にとっては登山用ではありません。磯釣り用です🤣

磯歩きには背負子(しょいこ)という、L字状の金属フレームを背負い、そこにバックパックやらバッカンやらクーラーボックスやら、様々な磯釣り用品を縛り付けて歩くのですが、自分はそこまでガチな磯歩きはしないので(一番キツいのが江ノ島裏磯への行軍くらい)、背負子などは持て余してしまいます。第一、背負子すげぇ重いし😵


今自分が磯釣り用として使っているのは、Columbiaの30LTのデイパックですが、30LTでは微妙に容量が足りなくて、出陣前に自宅で持って行く道具を取捨選択しながらパッキングしていました。

写真の記録によれば、2018年12月にMARK is みなとみらいのSPORTS AUTHORITYで購入し、延べ6年使ったようです。


今回買ったmacpac Geckoは容量35LT。たかが5LTの違いですが、収容力が全く違います。

これならリール3個持ちとか、フカセ釣り以外のタックルを一緒に持って行ったりとか出来るはず✌️

・・・なかなかのお値段でした。こんな値段のものなんか、竿もリールもひとつもありませんw


色々と能書きが書かれたタグがついていましたが、原糸にコットンとPETの混紡糸を使用し、樹脂やワックスを含浸させ製織した、AZTEC PREMIUM CANVAS生地がミソのようで、長期にわたり耐水性と耐久性を維持するらしいっす。

長持ちしてほしいです♥

久々の釣り関連雑誌購入

テキトー釣り道
02 /03 2024
ガキおやじは釣りのキャリアだけは長いのですが、向学心が全くなく、我流を頑なに曲げず、テキトーに釣りをしています。

しかし、自分がメインで楽しんでいる地磯ウキフカセ釣りだけは、ブラッシュアップされているテクニカルな部分を吸収し、自分のスキルを高め続けたいと思っていますが、最近はネットで情報を取っていて、雑誌を買うことは殆どなくなっていました。

フカセ釣りのコマセと食わせの同期理論が確立した2012年頃、全編同期理論をしたためた雑誌を買って以来、久々に購入。

今はフカセ釣りの理論は更に複雑怪奇になっているので、それを完全にマスターするのは自分には不可能なので、読み物として楽しむだけだろうけどね。

ま、目が劣化してしまったのでどっちにしろ字が見えないだろうしねw



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

磯釣りスペシャルMAGAZINE(マガジン) Vol.08 2024年 3月号 [雑誌]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/2/3時点)



ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?