fc2ブログ

DV1欲しいなぁ!!

テキトー釣り道
04 /23 2011
ダイワ・DV1からフィッシングポッドバージョンが出た!!

以前から、欲しい欲しいと思っていた、ダイワのオールインワンセット・DV1。2.6mのコンパクトロッドと2500番の専用リール、キャリーケースがセットになったもの。専用バッグをいつも持ち歩き、思いついたところでチョイ釣りするためのジャストフィットアイテム。

『ザ・フィッシング』の番組内ではじめて見たのだが、コレはイイと思っていた。スタイリッシュだし、竿も専用バッグも非常によく出来ている。特にロッドは素晴らしい。仕舞寸法65cm、自重140gは超秀逸だ。リールはまぁ、そこそこ。普通に上州屋なんかで3000円くらいで売っている、ダイワ『リバティ』にそっくりだ。でも、このリールは、DV1専用に設計されたモデルだ。

そのDV1から、フィッシングポッド付きの『FPバージョン』が出たのだ。

予め、ロッドに竿掛けがセットされているのだ。置き竿が出来るのだ。ファイトの前にたたまなければ邪魔ではないかと思うのだが、普段、気軽に置き竿が出来るのはいい。ロッドの傷つきが激減できるはずだ。

コンセプト、商品自体の魅力はとっても素晴らしいDV1、しかし、価格設定が高すぎる。ターゲットはどういう層なんだろうか?

メーカー希望小売価格は、DV1標準セットが16,000円、FP バージョンが22,000円である。今のところ、量販店もネット通販でも、まったく値引きされていない。ダイワが価格統制を強いていると思われる。

さて、このDV1、一時の流行りモノで終わってしまうか、釣り人口の裾野を広げるのに一役買うかは、一にも二にも価格設定だ。

正直、これから釣りを始めようという人間には高すぎる、それにここまでの性能のものは必要ない。父ちゃんが子供に買ってやるには厳しいね。

また、ヘビーなルアー師には正直物足りないのではないか。特にリールはそんな気がする。ルアー師はみんないいタックル持ってるからねぇ。ロッド、リールだけで最低3万円くらいはかけるのが相場じゃないかな? と思う。

ガキおやじのようなテキトー釣り師にはもってこいだ。車の中に積みっぱにしておき、思いついたら釣りする、あるいは、自転車に乗って出かける際に背負って行く。このスタイリッシュなバッグを持っているだけで釣りしたくなるな。

ガキおやじが考えるに、このDV1のメインターゲットは女性なのではないかと思う。だとしたら、販売ターゲットはピンポイントに『釣り好きの彼』だ。

釣り好きの彼が、釣りをしない彼女にプレゼントし、釣りの世界に引きずり込む。そういう下心を持った青年には、16,000円、23,000円と言う価格設定は大変魅力的かつ適正な価格であると思う。彼女へのプレゼントとしての見栄えもするし、こんなのもらったら、彼女だって一回は釣りに付き合ってやらねばなるまい(笑)。

短竿好きのガキおやじとしては、是非とも欲しい一品であるが、こんなの買って帰ってきたら、娘に『DV1買う金あるならDS買って!!』と怒られそうだ。

コメント

非公開コメント

DV-1は良さそうだね。俺も欲しい一品なんだが、量販店で見たこと無ぇ。本当に売ってんの?というイメージ。あれと同じようなモバイルロッドってぇのを1本買った。トラギアのA805M。上州屋で9600円。ちと高かったわ。ネットだと最安値6000円ぐらい。+送料だな。キャスト負荷5g~40g、真下への負荷5号~30号(1号3.75g)、エギは4.0まで。ロッドプロフィールはホリデイパックとほぼ同じと思っていい。ホリデイを退役させた今は主力戦闘機だわ。シロギスのアタリもはっきり取れる。サビキもイケそうだよ。まだ大物とのやりとりが無ぇけどバットが粘るから多分大丈夫だろ。今度会った時にでも見せるわ。オススメの1本。トラギアからは色んなバージョンがあるが、万能ロッドとして使うならA805M以外は×。買うなら上州屋で現品確認の後ネットが買うのが吉。

トラギア

トラギアって知らなかったけど、アルファタックルのブランドだったんだね。

硬調のAロッドと軟調のBロッドがあって、あとは長さと錘負荷で細分化されてるのか。分かりやすいね。

しかし、コレも結構高いなぁ。

俺、今持っている短竿はホリデイパックの1号180cmなんだけど、2-240が欲しいなと思っている。上州屋で6,980円くらいだったな。

短竿はマルチで使えるので昔から好き。

DV-II 見ましたョ~~~~

かっこいいですネ。

でも、、、買えないから、、、我慢します。

ホリデイはリールシートからバットまでが短すぎるんだよね~。あれで大サバとかデカアオリとやり取りすんのキツいんよ。あと、軽い錘使ってボートシロギスやっても、そのうち持ってるのもキツくなってくる。ホリデイのリールシート、もう10cm上に付いてると言うことナシなんよ。

DV1

AGAさん:

DV1はフィリピンでは売っていないかもしれませんね。

コイツをコンパクトにまとめて、いつでも持ち歩く。水辺を見つけたら釣り糸を垂らしてみる。究極のテキトー釣りですね。

ホリデイパック

チタンさん:

なるほど、バランスだね。
確かにホリデイパックは、一昔前のコンパクトロッドだから、最近のコンパクトロッドとは違うね。

デザイン的にも、竿尻からリールシートまで距離があり、より重心に近い位置にリールが来るようになっているな。

竿尻が異常に細いからな、最近のコンパクトロッドは。チョットのバランスの狂いで疲労に直結するのかもね。

DVIIの写真を見ましたが、、、
かっこいい―でしょうね。

私は待ちます。グリップが太くて使いやすいロッドを、

最近は軽量化し過ぎで、テンヤ竿なんかも細くて使いにくいです。

DAIWAもロゴを変更してから、軟弱になったのでは?

テールが細い竿

AGAさん:

テールが細い竿は確かに心細いですね。

娘の2.1mコンパクトロッドも、ロッド自体はとても細いです。竿尻のバットはそこそこのものがついてますが、グリップ部のロッド本体はメチャ細いです。

しかし、最近のロッドは細くても強度は十分にあるんでしょう。

テンヤ竿が細いのも、時代の流れかもしれませんヨ。

そうですね。 時勢です。
しかし、、、、、、、、

心細いです。  

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?