fc2ブログ

揚げ物

テキトー日記
04 /26 2011
雑魚をたくさん釣ってきたとき、刺身にする価値なし、焼き物にするまでもないような雑魚を食べるには、揚げてしまうのが一番簡単で美味しくいただける調理法だが、使った油はどうしてる?

我が家には、油を溜めておくポットがないので、もったいないけど、料理が終わり次第、凝固剤を入れて固めてしまう。

揚げ物やるときはいつも油は使い捨て。エコじゃねえな。

その代わり、油の使用量は最小限にしている。

本当は、たっぷりの油の中を泳がせるように魚を投入したいところなんだけど、ウチの場合、油量は横たえた魚の半分の高さまでしか入れない。

ハゼやシロギスを揚げるときなんか、油は1cm程度の高さまでしか入れない。

だから、魚を入れたらずーっと鍋に付きっきりで、魚を菜箸でコロコロ転がしている。油の量が少なく、温度の乱高下が激しいので、温度計と火力と魚を目まぐるしく観察しながら揚げているのです。

ちょっとでも気を許すと温度が上がりすぎ、揚げ上がりが苦く、固くなってしまうし、逆に低くなりすぎるとすぐに油を吸いすぎてギトギトになってしまう。

極少の油で魚を揚げるのは難しいのよ。

だから、ガキおやじは天ぷらは滅多にしない。天ぷらをやるときはさすがに油をたっぷり使いたい。しかし、油をたっぷり使ってしまうと、凝固剤が大量に必要になってしまう。多量の油を1回で捨ててしまうのは忍びないのである。

それに、天ぷらは天ぷら屋で食った方が旨いに決まっている。だから天ぷらは基本やらない。

フライは意外と極少の油でもうまく出来る。コツは予めパン粉に油を霧吹きなどで吹いておくことだ。

最近は、食用油のスプレー缶が売っている。こいつを使えば、油をスプレーしたフライ種を、オーブントースターに入れるだけでも、美味いフライが出来る。

シリコーン処理したオーブン対応のクッキングシートが必須だけど、試してみる価値大アリだ。メタボオヤジには絶対にコッチの方がイイ(笑)。

刺身に出来るような大物がなかなか釣れないテキトー釣り師の諸兄は、獲物の食い方は殆どが揚げ魚だろう。

こんな油ものばっかり食いながら大酒やっているお父さん方、ヘルシーではありませんなぁ(^-^)v

・・・俺か(笑)。

コメント

非公開コメント

オイルポット買っちゃえば?そんなに揚げ物やらんのか。ウチは換気扇の汚れも何のその、よく揚げ物するから油は繰り返し使います。天ぷら、揚げる直前にごま油を少し足して香り付けしてやるとお店味になります。

油もの

ウチの嫁は揚げ物を一切しない。洗い物が面倒なんだと。

まあ、分からなくもないので、嫁に揚げ物は強要しない。

揚げ物は基本外で食う。

我が家の食卓に嫁謹製の揚げ物がのぼるのは年に3~4回。

コロッケか春巻のみ。俺が春巻大好物なので、数ヵ月に1回は俺がリクエストすればやってくれる感じ。

まあ、俺の場合、食いたいものは自分で作るから、嫁にリクエストするのは春巻位なんだけどね。

まー、油は使わんは、ウチは。

油を一番使うのは、サラダのドレッシング作るときだな。

天ぷらは旨く出来ない。

惣菜屋にまかした方がいい。。。

この10年、天ぷらが旨く上がった事はない。

天ぷら

AGAさん:

天ぷらの世界には『天ぷら道』が存在するようです。

粉の溶き方、種の温度、衣のからめ方、油の温度などなど、奥が深そうです。

プロにはかないませんね。

そうですネ。
天ぷらは、家で食べるなら
惣菜屋で買うべきです。
よっぽど、安くてうまい。

奥さんが、揚げ物をしないのは
1.油に負ける
2.火が怖い
3.いとしい奥さんに、危ない事をさせたくない
4.恐いからやめてくれ、、、

私は、5.部屋中臭くなるから、私が居る時にしてくれ
・・・です。

油ものは面倒ですから

家でやるには、天ぷらは面倒すぎます。

下処理も面倒、粉溶くのも面倒、種に衣つけるのも面倒、揚げるのも面倒、後片付けも面倒、食べるの一瞬ですからね(笑)。

メンドいものは買ってくるのが一番。日本では、『てん屋』という、激安天丼チェーンがあります。500円くらいで満足できます。安くてうまい、ファストフードの鑑です。

ガキおやじ

昭和44年生まれ、神奈川県横浜市出身、藤沢市在住。O型てんびん座の2児の父。根っからの釣り好きだけど、道具に凝ったり、奥義を極めたり全くしないテキトーおやじです。昭和のガキの遊びとしての釣りを40年以上続けています。たかが魚じゃんか。竿と糸とハリとエサがあれば釣れぬ魚ナシ!! 自然を満喫しつつボケ~っとアタリを待つ釣りを愛し、釣った魚は酒の友として美味しくいただくのがモットーです。

上の写真は、神奈川県民の象徴ともいうべき江の島の頂上から見た片瀬川河口と江の島大橋、片瀬東浜です。きれいでしょ?